東西南北による発電量の違い

 2012-11-30
ご存知の通り、ソーラーパネルは、日照時間と日射強度で発電量が変わります。
それは、太陽が昇って沈むまでの時間でも違いますし、晴天、曇天、雨などの天候でも変わります。
そして、最も重要なのが、パネルを設置する方位です。
以下、方位別の発電率です。

008-01.gif

北でも6割も発電するのかと安心してはいけません。
仮に3kWのパネルを載せた場合、年間「3,000kW」発電するとして、北側に載せると「1,800kW」しか発電しないと言う事です。
買電額に換算すると、年間126,000円買電出来るはずが「75,600円」しか買電出来ない事になります。
これでは、償却に20年近くかかる事になります。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://gqpower2012.blog.fc2.com/tb.php/2-e6a494f0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫