4/13「脱原発フォーラム」のご案内

 2014-04-07
脱原発社会を創造するために多くの市民が集い、考え、行動するため、2014年4月13日、日本教育会館一ツ橋ホール(東京都千代田区)で開催される「脱原発フォーラム」に、以下の多彩な顔ぶれが集います。当ブログ記事末尾のリンク先(特設サイト)を参照のうえお申込みください。GQパワーも賛同協力団体として登録しています。

==================================================================

総合司会
野々山 理恵子 生活協同組合パルシステム東京理事長
木村 庸子 生活クラブ生活協同組合千葉理事長
開会挨拶・趣旨説明◎10:00~
舩橋晴俊 「脱原発フォーラム」実行委員長

セッション1◎10:05~11:00
 脱原発政策大綱とエネルギー基本計画
  原子力市民委員会委員から
    武藤類子 福島原発告訴団団長
    大島堅一 立命館大学国際関係学部教授
    満田夏花 国際環境NGO FoE Japan 理事
    舩橋晴俊 法政大学社会学部教授

セッション2◎11:00~12:30
 立地自治体の経済と原発依存からの脱却
  ──福島原発事故から考える
  村上達也 脱原発をめざす首長会議世話人・元東海村長
  大西 隆 慶應義塾大学大学院特別招聘教授・日本学術会議会長
  村上光雄 全国農業協同組合中央会(JA全中)副会長
  進行:上原公子 脱原発をめざす首長会議事務局長・元国立市長

セッション3◎13:30~16:00
 福島の現状から脱原発の未来を創造する
  ──原発事故と暮らし(食・生活)
  小山良太 福島大学経済経営学類准教授
  濱田武士 東京海洋大学准教授
  佐藤一夫 福島県生協連専務理事
  川上雅則 福島県農業協同組合中央会(JA福島中央会)参事
  進行:林 薫平 福島大学経済経営学類特任准教授

セッション4(まとめの討論)◎16:15~17:30
 脱原発社会はこうしてつくる!──市民として取組むべきこと
  実行委員会参画団体+賛同協力団体関係者を中心に、
  脱原発社会に向けて、暮らしを変える、社会を変える24の提案
  進行
    吉田明子 eシフト
    竹村英明 緑茶会

日時:2014年4月13日(日) 10:00~17:30
会場:日本教育会館 一ツ橋ホール
(千代田区一ツ橋2-6-2 地下鉄神保町駅下車徒歩3分
 http://www.jec.or.jp/
 道案内専用電話●03‐3230‐2833)
参加費:1500円(学生等1000円)
主催:「脱原発フォーラム」実行委員会
開催協力:地産地消運動促進ふくしま協同組合協議会
     (地産地消ふくしまネット)

==================================================================

「特設サイト」へのリンク先:
http://www.c-poli.org/main/dg_forum
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫